プリムス クランブルック 4ドア・セダン

1953

Plymouth Cranbrook 4-door Sedan

1953 Plymouth Cranbrook 4-door Sedan
35年 6月4日供用開始した日比谷自動車駐車場
【出典元キャプション】

奥は52シボレーです.

東京都千代田区日比谷公園1番2号 日比谷公園地下
昭和35年(1960)頃か
日本道路公団二十年史
日本道路公団総務部編集
昭和51年(1976)4月16日/日本道路公団発行

プリムス ベルベディア 4ドア・セダン

1955

Plymouth Belvedere 4-door Sedan

1955 Plymouth Belvedere 4-door Sedan
平和大行進 阪神国道を通る
【出典元キャプション】

エンブレムから,V8エンジン搭載モデルと思われます.(Clipper)

撮影場所阪神国道,武庫大橋東詰
現在―尼崎市大島1丁目
昭和33年(1958)7月9日
尼崎市広報課撮影写真

プリムス ベルベディア 4ドア・セダン

1956

Plymouth Belvedere 4-door Sedan

1956 Plymouth Belvedere 4-door Sedan
三宅坂の社会党本部は 参謀本部地図部のあと 近く新館が建つ
【出典元キャプション】

ここは現在,国立国会図書館新館が建っているところ.右手後方に,昭和36年竣工の国会図書館の裏側が見えています.

撮影場所社会党本部
東京都千代田区永田町1丁目10
昭和36年(1961)〜37年(1962)頃
新しい日本 第1巻 東京1(部分)
昭和37年(1962)4月1日/国際情報社発行

プリムス サヴォイ 4ドア・セダン

1956

Plymouth Savoy 4-door Sedan

1956 Plymouth Savoy 4-door Sedan
ミュラー市長の訪問
【出典元キャプション】

昭和34年(1959)4月7日、尼崎市文化会館において,尼崎市とドイツのアウクスブルク市との間に姉妹都市の提携がなされました.

以下本文より
1959年4月6日 ミュラー市長,調印式に先立ち尼崎市役所を公式訪問.
日独国旗を振って歓迎する沿道の小・中学生や市民たちに自動車から顔を出し手を振って応えました

後方,銀色のボデーは阪神電鉄バス.ボデーサイドの幕に「競輪場行 無料バス」と書いてあるように見えますが,甲子園競輪(平成14年3月廃止)の送迎バスではないでしょうか.
このため撮影地は西宮市内ではないかと考えられますが,決め手はありません.(Clipper)

撮影場所電車通り(阪神国道か)
西宮市内でなければ尼崎市内
昭和34年(1959)4月6日
尼崎―アウクスブルク 姉妹都市30年の歩み
平成2年(1990)11月/尼崎市秘書室渉外課編集発行

プリムス

1956

Plymouth

1956 Plymouth
呼鳥門(こちょうもん)
【出典元キャプション】

昭和33年〜34年の県道改良工事によって発見された洞門.
鳥が羽をひろげて舞い下りる姿に似ているところから,当時の福井県知事羽根盛一氏によって,鳥(観光客)を呼ぶ門,「呼鳥門」と名付けられました.〔参〕福井県観光振興課HP

撮影場所呼鳥門
福井県丹生郡越前町左右
昭和34年(1959)〜38年(1963)頃
新しい日本 第8巻 北陸
昭和38年(1963)6月25日/国際情報社発行

プリムス ベルベディア 4ドア・セダン

1957

Plymouth Belvedere 4-door Sedan

1957 Plymouth Belvedere 4-door Sedan
スモッグの都心
【出典元キャプション】

有楽町2丁目からみた東京高速道路.左端,縦線の見えるビルは旧平和生命館.三角屋根の塔があるのは銀座教会で,塔ごしに森永の地球儀が見えます.森永の広告塔は昭和28年の建設になります.

撮影場所東京高速道路と西銀座
撮影時―東京都中央区
現在―東京都中央区銀座3丁目1街区
昭和32年(1957)〜37年(1962)頃
新しい日本 第3巻 東京3
昭和37年(1962)7月10日/国際情報社発行
カトラス氏 (oldscutlass70)
1957 Plymouth Belvedere 4-door Sedan
各新聞社の取材デスクがある記者会館も 議事堂の左裏にある
【出典元キャプション】

現在,ここは衆議院第一議員会館のあるところで,後方は官邸前交叉点.停めてあるバイクは新聞社の“はやうま”でしょう.(Clipper)

この写真,陸王RQの横にホンダCS70系があるので,1958年以降の撮影になります.後ろに'59プリムスも見えますね.(ポンコツ)

撮影場所国会記者会館
東京都千代田区永田町2丁目2街区
昭和34年(1959)〜37年(1962)頃
新しい日本 第1巻 東京1
昭和37年(1962)4月1日/国際情報社発行

プリムス ベルベディア 4ドア・セダン

1958

Plymouth Belvedere 4-door Sedan

1958 Plymouth Belvedere 4-door Sedan
観光ハイヤー
【出典元キャプション】

水いらずの都内観光や郊外ドライブコース及外人観光には都内唯一のガイド付観光ハイヤーをご利用下さい
料金・コース、下車箇所如何様にもご相談承ります(一台4名様まで)

サイドモールディングを見るにベルベディアですが,この車はフロントバンパー両側の立上りがないのでは.(Clipper)

ヴァージル・エクスナーのフォワードルックはいいですね.
57,58年は特にスリムでスリークで美しい.
後年は過剰装飾が祟って,『東京を驚かせた』という意味不明な宣伝コピーの61年式などは,子供が見たら泣きそうな顔になってしまいましたが.
さてバンパーの件ですが,この時期のプリムスは画像のバンパーが標準仕様で,両端が張り出している部分は化粧ボルトで後付けする純正オプション『ウイングガード』です.(ポンコツ)

撮影場所不明
昭和33年(1958)〜34年(1959)頃
はとバス夜の東京遊覧(パンフレット)
昭和34年(1959)頃/新日本観光(株)発行

プリムス ヴァリアント 4ドア・セダン

1969

Plymouth Valiant 4-door Sedan

1969 Plymouth Valiant 4-door Sedan

Signetというグレードには,ボデーサイド全長に亘るモールが付いているのですが,この車には見あたらないのでグレード名なし(素)の4ドアセダンではないでしょうか.レザートップはオプション?
左ドアミラーはオリジナルのようで,右フェンダーミラーが追加されている他,この車にはフォグランプが付いているようです.(Clipper)

撮影場所尼一発電所地先埋立地
撮影時―尼崎市末広町
現在―仝上
昭和45年(1970)5月21日
尼崎市立地域研究史料館所蔵写真